食事を楽しみながら無理なく中性脂肪を下げる方法がある

食器とサプリメント

血液がドロドロになる症状

食べ物

動脈硬化になる危険性

中性脂肪というのは食べ物の脂質や体脂肪の大部分を占めているものです。人間が生きていくためには必要なエネルギー源となりますが、とりすぎると体脂肪として蓄えられて色々な病気を引き起こします。中性脂肪が高いと血液がドロドロの状態になるという特徴があり、動脈硬化などの原因になるのです。このような特徴があると、動脈硬化以外にも狭心症や心筋梗塞の恐れも出てきます。病院の検査で中性脂肪が高いと言われたら、下げる努力をする必要があります。中性脂肪は食生活や生活習慣に寄って変動するので、日頃の節制が大事になります。また中性脂肪が高い人は肥満が多いという特徴がありますので、太り気味の人は病院で検査を受ける必要があります。

DHAの摂取が予防になる

中性脂肪を下げる効果があるといわれているのが、DHAという成分です。これは魚の脂肪に多く含まれており、ドコサヘキサエン酸といいます。魚でも青魚に多く含まれているので、中性脂肪を下げるためには食生活に青魚のメニューを入れるなどの工夫が必要です。食事で摂取するのが大変な場合は、サプリなどでDHAが配合された製品を飲むようにすることで中性脂肪を下げることができます。また食生活を改善する工夫も必要で、飲み過ぎや食べ過ぎをしないことが大事です。脂っこい食生活を改めて、古来からの和食に戻すだけでかなり中性脂肪を下げることができます。中性脂肪はエネルギーとして消費されなかった分が蓄積されてできるので、ウォーキングやジョギングなどの運動でエネルギーを燃焼させることも必要です。